2014年11月01日

見えない物こそ大切

色んな犬達と関われば関わるほど何が大切なのか足りないのかジンジン犬から伝わって来ます。
しつけに熱心で興味のあるかたはうちに
初レッスンにいらしても口頭ではおすわり、待て、伏せは出来ますとおっしゃる方が多いのでやってみて下さいと言うと大体の犬が出来ないのです。そして必ず「家では出来ます」これはおやつやおもちゃだけに頼り肝心な人間の指示で聞いていないからです。何処でも出来ないといけませんし
これは犬が怖がったり興奮状態でもさせるようにすることが大切です
それともう一つ突き放しです
一卵性飼い主が多いのです
ですので飼い主が見えなかったり居なくなるとパニックになったり預けられても具合が悪くなる犬も多いのです。
犬の為を本当に思うなら大切過ぎぐらいに大切です。
それから口うるさいいつでも指示しっぱなし皆さん指示してばかりいると犬は自分で良い行動はしませんし考えなくなります
そもそも犬の世界は言葉がありません
人間と関わる為のコミュニケーションでしか無いのです
私が犬でさしたらあんなに色々口うるさく言われればチンピラになってますね
本当に手をかけるのは当たり前ですが過ぎてはいけないと思いますよ

posted by 米村 at 19:17| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。